Re:m 

At the touch of love, everyone becomes a poet. (愛に触れると誰もが詩人になれる)

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 拝啓、


a103q.jpg


散り逝く花が

世界の果てへ旅立った

あれから1年

優しい風が

晴れた宙が

教えてくれた

笑顔の君の存在を

いつかまた会える日まで

記憶の中で生きていて

いつかまた会える日まで

そこで僕を待っていて

想いを載せ願いを込め

今日も君に届けよう

宛名には

「永遠の君へ」



 



あとがき

私にしては結構ストレートな表現の詩。
祖父の1周忌もありましたが、まずこの画像に惚れました。
すごく素敵な写真じゃないですか?

詩に関して言いたい事は特にありません。
見て感じてほしいです。
スポンサーサイト
2006/08/27/Sun 23:48:41  /CM:2/TB:0/
new a cote de you / MAIN / BLUE HEAVEN old

COMMENT

見て感じました。  from - kanai
全部読んだよ。
特に私はこの詩が一番キた。
ストレートだけど優しくて、写真にも合ってると思うよ★
何か胸に響きました。
2006.09.08-12:44/kanai/URL/EDIT/
  from - 
レス遅くなってごめん;

ありがとう!

写真入りはイメージが伝わりやすいかなぁと思って添付するようにしてます。
2006.11.15-15:59/薫/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://frail74.blog55.fc2.com/tb.php/15-86eac73c


MAIN
copyright © 2006 Re:m . All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。