Re:m 

At the touch of love, everyone becomes a poet. (愛に触れると誰もが詩人になれる)

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ a cote de you

e-flower1-2r.jpg



無機質なテーブルに並ぶ
白いケーキと
天からの祝福を受けた
白い雪

真冬の夜の
心の宴

隣に座る
君の幸せを只願い
次の季節の扉を
探したまま沈黙する

真冬の夜の
心の安息

ほんの少しの解放と
ほんの少しの開放を
君に


だから今はまだ、このままで
more...
スポンサーサイト
2007/01/06/Sat 20:05:50  /CM:5/TB:0/

§ 拝啓、


a103q.jpg


散り逝く花が

世界の果てへ旅立った

あれから1年

優しい風が

晴れた宙が

教えてくれた

笑顔の君の存在を

いつかまた会える日まで

記憶の中で生きていて

いつかまた会える日まで

そこで僕を待っていて

想いを載せ願いを込め

今日も君に届けよう

宛名には

「永遠の君へ」



more...
2006/08/27/Sun 23:48:41  /CM:2/TB:0/

§ BLUE HEAVEN

ba2.jpg


蒼の世界で
生きる僕

冷たい体温と
熱い鼓動が
反比例を繰り返し
幻を追いかける

ー底から見上げる届かぬ世界へー

遠い彼方を
夢見る僕

国境を越えて
宙を仰げば
海と同じ蒼が
僕を待っていた

ー水面で遮られた向こうの世界へー

希望の欠片を
捜す僕

波を切り裂いて
大地に叫ぶ
奥深くに沈んだ
僕の本音を

ー永遠という名の儚き世界へー

許されぬ罪を犯し
僕は命と引き換えに
幸福を得た

零れた想いが波紋を呼んだ



more...
2006/08/27/Sun 23:41:02  /CM:2/TB:0/

§ 泡影

sui2.jpg


眼に見えるのは透き通った先のアッチの世界

聴こえるのは泡立つ波音と魚たちの戯言

しかし感じるのは

手を伸ばしても掴むことのできない

無の感触

浮遊する意識が解放を求めてる

溺れた心が夢を求めてる

今宵も深い眠りと共に

奈落の底から貴方を想う

闇夜に浮かぶ月光を見上げて



more...
2006/08/27/Sun 23:28:30  /CM:0/TB:0/

§ in the direction of…

n_13_4.jpg


早朝の電話が沈黙を破り
8年前の朧げな悪夢が甦る
僕の心は曇り空で今にも滴が零れ堕ちそう

絲に巻かれて眠る君
無機質な巣から騒音が鳴り響く

五月蝿い五月蝿い五月蝿い

目を閉じ口を閉じ耳を塞ぐ
それでも消えることは無く
容赦なく僕を突き刺す

一晩経っても夢と化することはなく
まるで何事もなかったかのように
空は繰り返す

新たな1日が始まる

時間に置き去りにされた僕は必死に過去に縋りつく
どんなに理想像を描いても僕の未来に君はいない
大きな喪失感と虚無感に囚われる日々
時には月が涙を流す日もあっただろう

時が経ち
暦が春を迎えても
僕は未だに時間に追いつけないでいる

毎年隣で咲き乱れていた桜が
今年は顔を見せない

これは前に進めない僕のせい?

星になってしまった君のせい?





more...
2006/04/17/Mon 01:10:34  /CM:2/TB:0/

§ shadows of you

051.jpg


あれから君は

空っぽの僕を抱き締めて

暗闇の中で涙を流す

声を殺して

只静かに



闇と同化して

君の影に潜む僕は

光の下での再会を夢見る



もう僕の姿は見えないけれど

気付いてますか?

隣に僕がいること




more...
2006/04/17/Mon 00:46:33  /CM:2/TB:0/

§ Last Emperor

gu_27.jpg


もう1人の自分にさよならを告げたあの日

俺は悲劇の王となった


脳内は麻痺し思考回路は停止

侵食された俺の心は

只破壊を願うのみ


怨嗟の声が渦巻く中で

何度も何度も引き金を引く

そして無数の死体と大量の血が

俺を勝利へと導く


でも気付いてほしい

生の意味を

わかってほしい

戦争の無意味さを

かつては誤魔化しの感情が引き起こした

小さな諍いに過ぎなかったことを


この矛盾した想いも

無意識に流れ落ちる涙も

俺が人間である証拠だろうか





戦争が終わったら

海の底へ身を投げよう


いつか大人が

「昔はこんなお伽話があったのだ」と

子供に話す時代が来ることを

願いながら





more...
2006/03/06/Mon 01:54:10  /CM:4/TB:0/

§ 終焉

o_2_1.jpg


夢を見ました

残酷な夢を


そこは

人間のエゴが飛び交い

犠牲の血で染まった

朽ち果てた世界


空は黒い雲で眼を塞ぎ

見て見ぬふり


悲しみの涙が降り注いでも

この傷跡が浄化されることはない


無力な人間による

無意味な争い



1人立ち尽くす僕



夢を見ました

残酷な夢を


手に残ったのは

勝者の笑い声と君の亡骸

そして僕の報われない想い


いつになったらこの悪夢から醒めますか?



more...
2006/03/06/Mon 01:30:12  /CM:7/TB:2/

§ 蜘蛛の意図

m_24_2.jpg


糸を張り巡らせ貴方を待っているの


どれだけ踏み潰されようとも

どれだけ罵倒されようとも


貴方が居ればそれで良いの


「ただいま」と言って

「おかえり」と言わせて


帰って来てくれたらきっと運命の赤い糸と化して

貴方を迎え入れるから


もう逃げられないわ

もう抜け出せないわ


思う存分私の意図に絡ませてあげる




more...
2006/03/04/Sat 12:54:19  /CM:8/TB:0/

§ 誘惑

purin1.jpg


       甘い嘘に騙され


       甘い罠にはまり


      甘い夢に堕ちて逝く


      気付くのが遅過ぎた


      白昼夢に溺れていた


         自分に



more...
2006/03/04/Sat 12:45:45  /CM:0/TB:0/
MAIN / NEXT
copyright © 2006 Re:m . All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。